カードローン即日.com

カードローン即日
銀行と消費者金融の金利

カードローンやキャッシングを利用する際、もっとも気になってしまうのはやはり金利です。
お金を借りた際に、必ず利息は付いて回るもの。
その利息を決定するのが、キャッシングやカードローンにおける金利なのです。
では、キャッシングやカードローンの金利を少しでも抑えるためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。
まずは、利用する金融機関を選びましょう。
消費者金融系のキャッシングよりも、銀行系のカードローンの方が、総じて金利は低いものです。
銀行のほうが、経営基盤もしっかりしているので、あまり利益を追求する必要がありません。
その結果、低い利率でも十分に利益が得られるほど多くのお金を借りてくれる顧客が多い、というわけです。
その利率は、特に上限で大きな違いを見せます。
消費者金融の上限利率はほぼ18パーセントといったところですが、銀行系の場合には15パーセント台というところも多いもの。
たった3パーセントですが、この違いは大きいです。

限度額と利用金額

さらに、カードローンやキャッシングの金利を低く抑えるためには、どのようなことに気をつければいいでしょうか。
それは、できるだけ限度額を多くするということです。
消費者金融や銀行では、限度額というのを個別に設定して、その限度額に応じて適用される利率が異なるものでです。
限度額が多ければ多いほど、その適用利率も低くなるというもの。
その貸金業者が設定している限度額いっぱいまで限度額が設定できれば、間違いなく下限利率にまで到達します。
そして、一度に借りる金額を多くするのも、利率を低くするポイント。
貸金業者によっては、一度にいくら借りるかによって適用利率を異なるものにしているというところも多いもの。
もちろん、一度にたくさんお金を借りてくれる優良顧客のほうが、適用される利率は低くなります。
つまり、限度額を最大限にして、できるだけ多くのお金を一度に借りるようにすれば、利率は最低限になるということです。
しかし、くれぐれも使いすぎには注意してください。