カードローン即日.com

カードローン即日
収入は多いに越したことはない

カードローンの申し込みを済ませると、審査が始まります。
カードローンにおける審査項目というのはたくさんありますが、そのうち重要なことのひとつに、収入というものがあります。
カードローンの審査項目の中で、ベスト3に入るといっても過言ではない項目です。
その収入ですが、もちろん多いに越したことがないというのは言うまでもありません。
カードローンというのは、ただお金を借りればいいというものではありませんで、しっかりと返済をしていかなければなりません。
その返済能力があるのかどうかというのを審査するためにも、収入というのは、ひとつの尺度としてあるのです。
先ほど、収入は多いに越したことはないといいましたが、多ければそれでいいかというとそうでもないのが、難しいところです。
ローンの返済というのは、1ヶ月や2ヶ月で完結するものではありません。
住宅ローンですと、35年もかけて返済する、そんな住宅ローンだってあります。
さすがに、カードのローンの場合にはそこまではありません。

多い収入より安定した収入

しかし、10年間かけてローンを返済していくというのは、カードローンでも十分にありうることです。
ということは、その10年間返済できるような安定した収入があったほうがいい、ということになります。
収入が多いか少ないかということも大切ですが、それ以上のカードローンの審査で重要なことというのは、収入が安定しているかどうかということです。
収入が不安定といえば、プロ野球選手という職業が代表的です。
活躍すればそれだけ多くのお金をもらえるというのは、実力主義の魅力です。
しかし、活躍できなければそれに伴い収入も減ります。
一般企業では到底ありえないような激減をするのです。
しかも、激減した年には、前年の収入に基づいた所得税などの支払いをしなければなりません。
これが結構大変です。
年俸1000万円から400万円に下がったプロ野球選手よりは、年収700万円で2年間いる地方公務員のほうが、キャッシングなどの申し込みや契約では有利となるのです。