カードローン即日.com

カードローン即日
支払金利を減らすには随時弁済が必要です。

カードローンは各社の競争激化で金利水準の切り下げが進みつつありますが、高水準であることには変わりなく、毎月の定額返済をしているだけでは金利返済だけしかしていないことになり、肝心の元本は一向に減りません。

元本を減らしてカードローン残高を減らすためには、その返済方法を定額弁済に頼るのではなく、随時弁済をしていく必要があります。
返済方法を随時弁済と併用することで、初めて元本が減っていくと考えた方がいいでしょう。

最近の信販会社等では、WEB上で借入残高の確認やその月の定額返済の金額を確認することができるようになっていることが多いです。
そのため、このようなサイトで自分の返済事績と元本の変動を確認してみると、私の話がよくわかると思います。

随時弁済の返済方法は、このようなサイトから申込をして信販会社等への振込をすることでできる場合もあります。
この場合、振込手数料がかかりますが、ボーナス等で多くの随時弁済をする場合はかえってその方がいいかもしれません。

随時弁済が面倒な場合に注意が必要です。

随時弁済をする返済方法は、一般的に利用したATMと同じATMでできることが普通です。
しかし、カードローンによってはこれができない場合があったり、手数料を徴収されたりするケースがあるため、注意が必要です。

このことは、カードローンの契約をする前にじっくりとWEBの内容を調べたり、説明書を確認する必要があるのですが、まずたいていの人はそのようなことをしていません。
実際私もその一人で、一度大手信販会社のカードローンを申込した際、このことに気が付かずに申し込みをしてしまって慌ててしまった経験があります。

そのため、随時弁済の際にWEB上の返済指定口座に振込をしたのですが、この信販会社のクレジットカードの利用もあったため、そちらに充当されてしまい、コールセンターに連絡して返済目的が違うから変更してくれと依頼した記憶があります。

このように、返済方法が結構面倒な場合もあります。
わかっていればいいのですが、結構煩わしいことも多いため注意が必要です。